26.03.2015

闇のおはなし

26.03.2015

闇のおはなし

Processed with VSCOcam with m6 preset

光を描くという意味を持つ語、Photograph。 カメラが光を記憶する装置なら、写真は光の記録。殊更に思い馳せるのは光の当たらない場所「影」です。

本来、光とは色要素が入り混じったモノ。沢山の色彩が重なり合った結果、無色に見えるのが太陽光です。それ自体に色は無くとも照らし出す全てに色を与え、世界を彩る朝の光には生命の息吹にも似た力強さ感じます。

20150326JP_02

そして、この明や色彩の源である光とは非なるモノ、全てを飲み込む夜の闇を彷彿とさせる影の存在。

闇と表現しましたが、影(shadow)とは別にある、陰(shade)もまた写真を撮る上で最も重要な関係にあると云えます。

20150326JP_03

影は光が遮られた部分にその姿形を現す、いわば、光にとっては鏡。
陰は被写体でいうところの照らされない暗の部分を指し、この陰が光の存在を際立たせ、時には微かな明かりさえも輝きに変えてくれます。

?????????????????????????????????????

20150326JP_05

世界は、この闇の存在無くしてその美しさを表現しきれないと思うのです。副産物的存在の影だからこそ、時に柔らかく時に鋭く光に寄り添うことができるのではないかと。
儚さや瞬きに切なさを伴うように、影は光と常に共に在り、対極でありながらも支え合い手を繋いでいる。まるで生と死の関係のように。

20150326JP_06

目映さというものは、この闇によって生かされている…と云うと大袈裟でしょうか。ただ、写真もこの暗闇である影や陰を持たずには決して活きないとわたしは感じています。

20150326JP_07

輝きに手を伸ばす時、そして写真として記録する前に、どうか思い出してみてください。光を捉えるには闇と手を繋ぐということ、そして、光の記憶に在る陰のことも。
お互いさまより、お陰さまなんだ、と。

6151|Rokuichi goichi

「本当に大切なものは目には見えないとあなたは云うけれど、僕には確かめたいことがあるんだ。」
東京を拠点に写真展やWebで活動中。 珈琲と愛機の傍らで今日もぼんやりと空を眺めています。
記憶と記録 Instagram: @6151
web: www.besidecoffee.net

Top