04.05.2015

フィルターとテクスチャーを使ってみる:提案とアプリ

04.05.2015

フィルターとテクスチャーを使ってみる:提案とアプリ

写真 1

モバイル写真術は、黎明期から、Instagramにて使用できるうフィルターを使って特徴づけられてきました。EyeEmやflickrなど、モバイル写真を始める良い手助けともなるその他の写真ネットワークでもそういった写真が見受けられました。
しかし、自分の作品を他とはちょっと差別化して、クリエイティブの範囲を広げたければ、フィルターやテクスチャーと呼ばれる様々な効果をつけられるアプリがあります。
テクスチャーとは何で、フィルターとはどう違うのでしょう?アーティスティックな定義としては、「アートワークの様相で、使われる素材によって定義されるもの」ということです。実際、フィルターが、当初の画像に2次元的で重ね合わせられる透過イメージで、イメージテクスチャーは、しわや線、布地の織のような素材や3次元要素に加えるものです。
ほぼほぼ全ての写真の被写体がこの編集スタイルに適しています; とはいえ、最終的な画像効果を保持するためには元の画像が非常に鮮明であることが重要です。
フィルターやテキスチャの追加は元の写真を暗くしたり、ぼんやりさせたり不鮮明にすることがあるため、まず元の画像を明るくし、コントラストをはっきりさせることをお奨めしています。- この作業には、私のお気に入りの基本フォトレタッチアプリ Snapseedのような、基本編集アプリを使いましょう。
フィルターやテキスチャを追加するiPhoneアプリは数えきれないほどあります。以下に、私がよく利用し、写真編集を行いたい人に推薦するアプリを挙げました。

Mextures

写真 2

Mextures では、照明効果(光洩れ、輝き)から、写真に「くすんだ」外観(粒状、グランジ、エマルジョン)を与える効果、グラデ―ション(風景写真向上およびヴィンテージグラデーション)効果までにわたる、9つの高品質テキスチャとフィルタコレクションを提供します。グラデーションはフィルターであり、通常風景に合う2色で構成されています。 Mextures を利用することでフィルターやテキスチャを好みの濃度で適用させたり、最適なポジショニングにするために回転させたり、画像のブレンドモードを選択することができます。 テクスチャーは1つのテクスチャーを他のものの上に重ねて、好きなだけいくつでも適用することができ、自分でカスタマイズした組み合わせを今後使用できるよう、保存することもできます。
この風景写真は風景効果グループから「アイスサンライズ」グラデーションを選択し、濃度を高めたものです。一番上のなダークな空が下に向かうにつれ明るくなる典型的なグラデーションです。

DistressedFX

写真 3簡単に使えるこのアプリは、はっきりとした絵画スタイルのテキスチャを提供します; 効果の品質とオリジナリティがこのアプリの主な特長です。24個 2セットから2つまでのてきくすちゃーを選択でき、好きなように組み合わせることができます。 アプリ内購入で一対の鳥を画像の空に追加することができます。
この写真はHalf Life + Sentiment というテキスチャを組み合わせて作りました。

Stackables

写真 4Stackables は幾何学的マスクのアプリと一緒に、様々なレベルで構成した効果を作り、好きなようにミックスし合成できるフィルター、テクスチャー、グラデーションを使用できるリッチでパワフルなアプリです。
非常にパワフルで自在な設定が可能ですが、他のアプリと比べ使用法の習得には時間を要します;上級者用のアプリとして推奨しており、初めてのアプリ購入のものとしてはお奨めしていません。 アプリ内課金にて、アプリ内テキスチャパッケージの価格が追加されます。
上のトリノの記念墓地の写真は、Stackablesテキスチャレベル 6 といくつかのマスクを使用して作成されました。

ModernGrunge

写真 5

最も歴史をもつといえるアプリ、Modern Grungeはくすみ、時の経年変化効果を与える「グランジ」テキスチャを専門としているものです。 画像を読み込んだら、色フィルターと2つのテキスチャでランダム編集できるようになっていますが、フィルターとテキスチャを選択し、各効果の強度を調整することで、この設定を変更することができます。また選択した効果を保存し、今後の編集に利用することもできます。
上に掲載した、壊れた螺旋階段の写真はModern Grungeを利用して作成しました。

Image Blenderを利用した、パーソナルテクスチャー

写真 6

テクスチャーは木目やモザイクの小さな正方形などかなり規則的な構造を見せる画像(通常写真)です。 自分の写真(またはそのまま利用できる無料/有料の写真素材)で、自分のテクスチャを作り再利用することもできます。
Image Blender は写真にテキスチャを適用し、2画像を組み合わせることのできる、シンプルですがパワフルなアプリです。 Image Blender を使用すると、2枚の写真をどの程度ミックスするか測定し、ブレンドタイプを選択し、テキスチャを適用したくない元の写真部分にマスクを作成することができます。
この写真はヘビ皮のテクスチャーを教会のファサード写真に適用して作られたもので、窓部分をマスクして、そこへのテクスチャー適用を避けたものです。

周辺に存在するテキスチャを利用する

写真 7

従来の写真撮影では、フィルターやグラデーションはフィジカルなもの(ガラスやゲルで作られたもの)をレンズに重ねます。スマートフォンでは反射フィルターを使用することが実用的ではありませんが、下記のように面白い効果を作り出す実物のモノを利用することも可能です。

• 曇った、あるいは雨の水滴で濡れた窓ガラス。
• ナイロンタイツまたは透過性のある布地。
• あらゆる種類のネットまたはメッシュ素材。
• 透過性がある、色の付いたプラスチックシート。
例として、最後に掲載したこの写真は、夜明けの光で、蚊帳の網とくもりガラスでフィルター通しして撮影されたものです。

この記事が、フィルターとテクスチャーでご自身の写真を向上させる方法を見つける手助けとなれば、と願っています。
とはいえ、何はさておき、皆さまがご自身でクリエイティブな編集を楽しまれることができれば幸いです。

★iPhone撮影をより美しく、楽しく。編集前のクリアな写真撮影にも最適 – iPhone6/6Plus 対応のKLYP+最新版はこちらをチェックください!

Davide Capponi

Davide Capponi はモバイルフォトグラフィーと画像編集に情熱を燃やすフォトグラファーです。彼の作品はイタリアや海外に展示され、イタリアの新聞や雑誌に発表されています。彼はNew Era Museum、neweramuseum.org の創立者の1人です。彼のブログ、 davidecapponi.com 、Instagram、 instagram.com/rubicorno 、Facebook、 www.facebook.com/davidecapponi.iphoneography 、Twitter twitter.com/Rubicornoで彼にコンタクトすることができます。

Top