20.07.2012

もう、見た? ― X-スポーツ

20.07.2012

もう、見た? ― X-スポーツ

スケートボードとX-スポーツは、私たちの身近なストリートでも見られます。2002年の調査によると、世界中のスケートボード人口は1,850万人ということですので、皆さんにも身近なものかもしれません。今週は、私たちのお気に入りの世界各国のスケートボードとX-スポーツのブログをまとめてみました。驚異的なショットをお見逃しなく!

ドイツ

Fry-Zine は、ブログ主の言葉を借りれば「スケートボード、友情、旅行、冒険、人間、ライフスタイルがテーマ。私たちを感動させるあらゆるもの」を扱っているそうです。ブログ名はドイツ語で「休暇」のことですが、同時に「自由であること」も意味しています。掲載されているモノクロ写真には、もの凄いパワーがあるだけでなく、本物のクールさも持ち合わせています。

日本

Standzine はスケボーマニアのためのブログです。数々のイメージはムーディで独特の雰囲気をもっており、極限のパワーと自由との対照的な感覚を呼び覚まします。これこそがまさにスケートボードの醍醐味と言えるでしょう。このブログが大いに気に入りました。

イタリア

Skate Nostro のブログ主のルカさんは、 Youtube のムービー制作にとても入れ込んでいます。彼が撮影したスケートボードムービーとそこから醸し出される雰囲気が、大変気に入りました。いますぐにでも、スケートパークに飛び出したい気分にさせてくれます。音楽も最高です。

アメリカ

RealizeCulture.com はスケートボーダー、アーティスト、ミュージシャンによる大規模なネットワークで、ブログやウェブマガジン、ビデオを通じ、素晴らしい作品をシェアしています。アクションショットや、「何が実現できる?(What can you realize?)」という、さらなる創造性を追求する姿勢が気に入りました。

アメリカ

Skate House Media はフルタイムでスケートボードに取り組む、男性オンリーのロサンゼルスのグループが立ち上げたサイトです。坂道を滑降するダウンヒル・スケートボードへの熱狂とパッションをムービーに納めています。危険な丘や、ワクワクするパーク、水を抜いたプールなどで滑る姿をご覧ください。

 

X-スポーツの写真を撮ったことがありますか?是非、見てみたいです。 Facebook や  Twitter などを通じて、みなさんの写真を是非、シェアください。

Top
取り扱いブランド