25.04.2013

「アプリ」で楽しむ – 様々なアプリで撮った写真を作品にする

25.04.2013

「アプリ」で楽しむ – 様々なアプリで撮った写真を作品にする

プロフォトグラファーで、iPhoneographerとしてさまざまなメディアで活躍する三井公一さんが、4週に渡り、iPhoneで写真を撮るコツを教えてくれます。

最終回は、iPhoneだから楽しめる写真アプリについてです。

iPhone Photographyの楽しみのひとつはアプリによって、撮影した写真をその場で現像処理できることだ。近頃のデジタルスチルカメラは様々な効果を有するフィルターを搭載している機種もあるが、そのほとんどはフィルターを追加することができない。あったとしても種類が大変少なく高価なのだ。
その点iPhoneは世界中の開発者が制作したアプリを、僅かな金額もしくは無料で自由にインストールできる。

オススメは“Snapseed
これはiPhoneのライバルAndroidをリリースしているGoogleの製品だ。このアプリは直感的に指先で効果を選択して、その効き具合をダイレクトにコントロールできるのが魅力。是非試してみて欲しい。

写真を加工することに抵抗を感じる人もいるが、これはRAW現像処理だと思えばいい。
ちょっとした明暗の調整だけでなく、時には思い切って大胆なエフェクトをかけて、自分のイメージを増幅して楽しんでみよう。
あまり型にはまらずに感じた印象をストレートに表現するのが、多くの人に注目してもらえる写真を制作するコツだ。

またアプリは気に入ったものを使い倒すのがいい。つい新しいアプリに浮気しがちだが、眼で見たイメージをダイレクトに仕上げられる位にアプリを使い込むと、iPhoneographerとして一人前だと言えるだろう。自分色を出したクセのある作品作りを目指すことだ。

素晴らしい写真が完成したら、iPhoneからSNSなどにアップロードして多くの人に見てもらおう。大勢にと感じてもらえばあなたの写真は成功だ。

 

ゲストブロガー:三井公一

Web:http://sasurau.squarespace.com/ 

ブログ:http://sasurau.squarespace.com/blog/ 

 

Top
取り扱いブランド