03.06.2013

富士山 Fujiyama

03.06.2013

富士山 Fujiyama

JP_20130530_1260x360

5月は、日本を代表する若手クライマーで、2009年にピオレ・ド・オールも受賞した、天野和明さんがゲストブロガーです。

最終回は、日本人にとって馴染み深い山「富士山」について語ってくれました。

JP_201305xx_918x675_02

心を惹きつける山

故郷を感じさせる山

母なる山

神様が棲む山

ドラマチックな山

富士山

JP_20130530_918x675_03

伝説になり、歴史になり、小説になり、絵画になり、被写体になり

圧倒的な存在感を持つ、

富士山

毎年多くの人が訪れる。

夏山シーズンには老若男女が日本中から、近年は海外からもたくさんの人が来る。

いつか登ってみたいと願う人も多い。

そこにはそれぞれの想いがあり、それぞれのドラマがある。

憧れの山。

富士山。

JP_20130530_918x675_04

これほどまでに美しい山を僕は知らない。

ヒマラヤ登山に行った帰り、また登りたくなる山。

富士山。

いつも大きく、優しい。

でも時にはとても厳しい。

なぜに人はこれほどまでにこの山に魅かれるのだろう?

JP_20130530_918x675_05

Because it is there ~ なぜなら、そこに それがあるから という言葉で説明できると思う。

日本国内で一番高い山であるが、それだけが理由ではない。

不二(ふたつとない)山。

富士山。

JP_20130530_918x675_06

JP_201305xx_918x675_07

ゲストブロガー:天野和明 (Kazuaki Amano)

ブログ: http://amanokazu.blog135.fc2.com/

Top
Our Brands