マンフロット KLYP+ ポラライザーを付けて撮影1

10.06.2015

iPhoneography New World

10.06.2015

iPhoneography New World

iPhoneはカメラという存在でもあるということは紛れもない事実である。世界でもっとも多くの人に愛されているカメラ。愛される1つの理由として慣れ親しんだ画角の単焦点カメラだということがあるだろう。
だた、更なるiPhone写真の表現を求めようとした場合,それは少し退屈にも思える。もっと新しい世界を撮りたいと。KLYP+ はそんな欲求を満たしてくれる。
マンフロット KLYP+ for iPhone6Plus
新しい視点をもたらしてくれるKLYP+。
スーパーワイドレンズを通した世界は、広大な景色に遭遇した時、その捉えきれていなかった画がiPhoneの画面に広がる。iPhoneの画面を見て感動するという体験をすることになるだろう。
マンフロット KLYP+ スーパーワイドレンズで撮影


望遠レンズ
もまた新しい視点を与えてくれる。の届かなかった画が手に入る、捉えていたはずの風景も望遠レンズで捉えることにより、このレンズ特有の圧縮効果も得られ、今までと同じ視点でも違った結果が得られるだろう。
マンフロット KLYP+ 望遠レンズで撮影
マンフロット KLYP+ 望遠レンズで撮影 2

夜の街の撮影も行なってみた。
iPhone 6 Plus になって夜の撮影も強くなっているのにその表現力を損なってしまってはもったいないところだが、実際に撮影してみるとレンズによる解像感の劣化は感じない。夜の撮影でも今までにない視点を楽しむワクワク感が湧き上がってきた。
マンフロットKLYP+レンズで、夜間撮影

写真は光と影の表現。
当然、それはiPhoneというカメラにおいても同じである。iPhoneだけでは得られなかった光と影を KLYP+で得られる。
KLYP+ には光波をコントロールするポラライザーというレンズがある。光波をコントロールすることで光の濃淡がしっかりと表現され、被写体の奥行き感が出る。
マンフロット KLYP+ ポラライザーを付けて撮影1
マンフロット KLP+ ポラライザーを付けて撮影2
iPhoneカメラの露出調整機能に加え、ポラライザーを使用することで、強い光源も反射した光も破綻することなく表現してくれる。
マンフロット KLYP+ ポラライザーを付けて撮影3

実はiPhoneographyとして撮影する上で、大きな力となるアイテムがもうひとつある。
LUMIE LEDである。
iPhone x LUMIE LED で花の撮影を試みた。撮影に用いた部屋の一切の光を遮断し、LUMIE LED だけの光での撮影を行った。薔薇は順光、ガーベラは花の後ろに LUMIE LED を設置し、透過光での撮影。
マンフロット KLYP+ とLUMIE LEDを使用したiPhone写真1
マンフロット KLYP+ とLUMIE LEDを使用したiPhone写真2

結果、LUMIE LED一灯で、十分な表現をiPhoneography にもたらしてくれた。
iPhone x LUMIE LED というコンパクトな組み合わせが、どこでも撮影スタジオに変えてくれる。
当然 、LUMIE LED が十分な光量を持っていようとも手ブレには気をつけたいので、PIXI ミニ三脚に KLYP+ を装着し、iPhoneを据えてモノ撮り撮影に臨むことをお勧めしたい。

 

 

佐藤陽一(YOICHI SATO

マンフロット株式会社主催 2013-2014 Manfrotto iPhoneography Contest Grand Prize 受賞。
携帯電話カメラモジュールの設計・開発に携わっていた関係で、携帯電話での撮影を1998年来おこなってきた。
そして、2010年に iPhone を手にし iPhoneography の世界へと。
iPhoneography Web Gallery:
https://iphoneographys.squarespace.com/

Twitter:
https://twitter.com/sato_net

 

Top
取り扱いブランド