14.10.2015

モバイルフォトグラフィーと写真ソーシャルネットワーク

14.10.2015

モバイルフォトグラフィーと写真ソーシャルネットワーク

Instagramはもうすぐ5周年を迎えるそうです。 Instagramがそれほど続いているとは信じられないくらいです。 “Instagram”以前は、私は自分の写真をどうしていたのでしょうか? くつ箱の中に保管していたのでしょうか? 待ってください、そうではありません。 当時、私はFlickrアカウントを持っていて、スマホから写真を投稿していました。

Instgram以前は、小型のスマホ写真から人工的な写真を作成するiPhone用のHipstamaticがありました。 Hipstamatic はこの種類のサービスを行なう最初のアプリでした。 最初の私の iPhoneである、iPhone 4を購入した時、撮影した写真が生気がなく、低コントラスト、調整済みでセンサーサイズに合わせて前景、背景などすべてに焦点が合っている写真ではなかったため、大変興奮したものです。 ボケ、色合い、ランダムネスなど、すべてがとてもエキサイティングでした!

pic1_jn

変容した世界- Hipstamatic で撮影した写真

2010年当時、私はFlickr にこの写真を投稿しました。 しかしFlickrはiPhoneで使用するには十分なものの、すばらしいアプリではありませんでした。
このアプリは当初ウェブアプリケ―ションとして開発されました。 モバイルアプリの存在意義は新しいデバイスで写真プラットフォームを使うということが主な理由でした。

Instagram がこの領域を発明した訳ではありませんが、Instagramは写真編集フィルタとソーシャルネットワークと使いやすいユーザーインタフェースを組み合わせ、ほとんど全ての特徴を改善したといえるのではないでしょうか。 この種類では初のアプリであり、現在では世界中で使用される最も重要なアプリだといえます。 また、Instagramは写真ソーシャルネットワークと呼ばれるカテゴリーのアプリです。写真ソーシャルネットワークは写真(画像)の助けを借りてユーザーが他のユーザーとコミュニケーションを図るネットワークです。 日常生活を表現する手段といってよいでしょう。 この点は他の同様なアプリ、Flickr と EyeEmと比較した時、明らかです。

c1 プリセットでVSCOcam による処理

わたしはわたしが食べるものである

比較の前にまずInstagramを簡単にご紹介しましょう。 このアプリは写真ソ―シャルネットワークのリーダーといえます。 Instagramでは写真のシェアが最も重要となります。 写真ボタンが中央にあります。 Instagramには大量のフィルタがあり、好きな順番で並べられます。 例えば、最も頻繁に利用するフィルタを手前右に配置することができます。 フィルタ強度が調整可能であることも興味深い点です。 フィルタは常に議論の的であり、Instagramユーザーの中には使用することに強く反対する人もいますが、より均一な写真をストリームで提供するという点においては、有用だと思います。

シェアされた写真の何らかを好きになり、それにコメントすることは、最初からInstagramの特徴でした。 この点ではソーシャルネットワークという意味で、常に可能性があるといえます。
プライベートメッセージの導入と共に、チャット機能が統合されました; とはいえ、とてもベーシックなものとは言えません。少なくとも90%のメッセージがスパムだからです。
全体としては、Instagramはシンプルなユーザーインターフェースが特徴的で、 これが最も有利な点だといえるでしょう。

pic3_jn

Lines, silhouettes and shadows I-Flickrで最も成功した私の写真

Flickrも同様の仕組みを持っています:写真をアップロードし、いいねを押し、コメントします。 フィルタもありますが、編集オプションはInstagramほど広範ではありません。 Flickr は普通のウェブアプリケーションも提供しています。Instagramとの最も大きな違いは、並び替え機能でしょう。写真はアルバム内に並び替えることができ、グループに追加できます。 さらに拡張検索機能と幾つかのライセンスモデルがあります。 このことからFlickrのネットワークのターゲットは、プラットフォームを通じて写真を販売する野心的や写真家やプロフェッショナルであることが分ります。 エディターが選択した写真はExploreページで閲覧できます。 ここにはうまく編集された風景や花の写真が掲載されています。 鉄道愛好家向けの写真もあります。 しかしInstagramで有名な食べ物はどこでしょうか? Flickrには猫好きやフィットネス熱狂家もほとんど存在しません。

pic4_jn

Lines, silhouettes and shadows II – EyeEmで編集した写真

EyeEm はInstagramより、アプリの使用を向上すると宣言して競争に参加しました。 しかしながら、EyeEmには非常に多くの機能が存在するため、Instagramと簡単に比較することはできないと思います。 写真は公開アルバムに整理できます。 またFlickerと同様ですが、 EyeEmはあるタイプの写真を特集することができます。 基本的なソーシャル機能は他のネットワークと同様です。
アプリは無料ですが、EyeEmは複数企業と提携を結び、ユーザーはミッションと呼ばれる貢献を行うことができます。 また、彼らはこのアプリを使用して作られた写真も販売しています。 アプリの名前は、ソーシャルネットワーク上の写真シェアにより投稿者のアイデンティティが形成されていくように、という意味が込められています:I am what I post(わたしはわたしが投稿したものである)。

FlickrとEyeEm は写真に特化したソーシャルネットワークで、ソーシャルネットワーキングも可能です。 EyeEmでおこなわれたコミュニティ内でのハイライトすべきものは、ユーザーがコミュニティマネジャーの役割を果たすことです。 Flickerは、過去10年間に、ソーシャルネットワークとしてのポジションを構築してきました。 では写真ソーシャルネットワークについて人々が話す時、なぜInstagramだけが取り上げられるのでしょうか? 写真はInstagramで中心的な役割を果たしますが、Instagramの写真は日々の生活の表現手段となっています。 Instagramの写真は、その撮影の瞬間のall right感を表現しています:私のネコは大丈夫だよ、私の車はAからBへ安全に移動したよ、何か食べたよなど。 世界の有名人やスターにも同じことが言えます。 Instagram は名前が示すように、直ちに写真をシェアするように設計されています。 他の2アプリにはこの特徴がありません。

b5 プリセット付きVSCOcamによる撮影

サイクリスト

これまで、InstagramはSnapchatのような新しいアプリと競争してきました。例えば、多くのユーザーはSnapchatを利用して毎日起こったことを他のユーザーにシェアしています。Instagramも開始当時は同様な現象が起こりました。 Snapchatは限られた時間内に写真を引き出す、というシンプルな編集オプションで、他ユーザーと密接に交流できることを約束としています(ストーリーは1日だけ閲覧できます)。 現在、人気のInstagramユーザーは、高価なカメラで撮影された風景写真を1日に1枚ほど投稿しています。 Snapchatでは写真がいかに撮影されたかについてのストーリーが文書化されています。 しかしSnapchat の特徴を使いこなすユーザーはごくわずかといえるでしょう。 大半のユーザーにとって、このような特徴はあまり重要ではありません。 Snapchat は瞬間の大切さを再強調することでInstagramの競合アプリになりました。この点ではInstagramを凌ぐかもしれません。 しかしInstagramは信頼性の高さで他の写真ソーシャルネットワークより成功しています。

Jörg Nicht 

Jörg はベルリンに住み、12歳の時から写真を撮影しています。現在、Instagramには彼のフォロワーが50万人以上存在します。

Instagram: www.instagram.com/jn
EyeEm: www.eyeem.com/jn_
Flickr: www.flickr.com/jn_insta
ホームページ: www.joergnicht.com

Top
取り扱いブランド